『家を探す』前にやること譲れない優先順位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



家購入の絶対条件

スポンサードリンク


IMG_0761_LI.jpg

家の絶対に譲れない優先順位を紙に書き出す


コレ・・・
必ずやった方がいい!!
おススメです
意外と旦那と妻とでは、家に対する優先順位が違うことが多い。特に、旦那の場合は、仕事に行くのに便利な立地を選んだりすることが多い。妻の場合は、利便性(スーパーや病院、学校など)を選ぶことが多い。

我が家は、比較的似たような意見だった。きっと、紙に書き出す前から何度も話し合っていたからかもしれない。
お互いに①から③まで【家】に対する優先順位を決め、紙に書き出した。
その後、いっせいの~~~で!!
で、紙を見せる!!
【結果は???】
【主人】
①駅から近い
②広い(天井が高い)
③治安がいい(綺麗な所がいい)
【私】
①駅から近い
②スーパー、病院、学校などの利便性が良い
③治安がいい

他にも沢山あるけど、、、
まずは、絶対に譲れないことから!!

家の優先順位の理由は何?

スポンサードリンク


IMG_1337.JPG
【主人私】
①駅から近い
当時我が家は・・・
・2つの駅が出来る中間地点に住んでいて駅まで徒歩25分
・車がなかったので、駅までは自転車かバス(雨の日は最悪・幼い子供がいるから不便)
・バスの終電が早い
・バス代、駐輪所代がかかる 
 
・家族や友達が我が家に遊びに来るのは、とても不便
このことから、絶対に【駅から徒歩15分まで】これは、絶対に譲れない条件だった。
【主人】
②広い(天井が高い)
そして、当時住んでいたマンションは築30年以上のオンボロマンション。畳一畳が昔のサイズの為、尚更狭い上に、天井がかなり低い、主人の身長はなんと190cm以上!!その為、主人は常に頭を下げて生活していた。これじゃあ、将来首や腰を痛めてしまうだろうし、日常生活に「ストレス」を抱えていた。その為、天井が高くて、広くてのびのび生活できる所に住みたいと強く願っていた。
【私】
②スーパー、病院、学校などの利便性が良い
車がなかったので、スーパーへ行くのは、いつも自転車か徒歩(子供が小さいうちはベビーカーを押して出掛けていた。雨の日は億劫。)車があったとしても、子供たちが通園、通学する保育園、幼稚園、学校は近い方が便利だし、歳を取った時に車が運転出来ないかもしないし、病院通いになるかもしれない。
これも、すごくすごーく重要な条件!!今の住まいはとっても利便性が良く快適な生活が送れている
【主人・私】
③治安がいい(綺麗な所がいい)

主人の実家は、町が整備されとても綺麗な所
そして、私の育った家や実家は閑静な住宅街
私は、父から「育った環境は滲み出る。住む場所は選びなさい。」と言われていた。
私は、上京してから、5回引っ越しをした。実家も含めると6つの場所に住んだことがある。各々の良い所はあるが、自分にとって落ち着く場所、環境があることはなんとなく、肌で感じ取っていた。私は、生まれた時から上京するまで、長く住んだ閑静な住宅街がとても好きだった。だから、自分が一生住むなら、そんな所がいいな~と思っていた。
住む場所は、予算などの問題もあるが、可能な限り、自分にとって居心地が良い所をお勧めします
物件探しはコチラ➡タウンライフ不動産購入

まとめ


夫婦でも思っていることや考えていることはだいぶ違う。伝わっていて当たり前、わかってるはず・・・なんて思っている人もい沢山いるかも?
でも、自分の心の中は意外と相手には伝わっていなかったり、勘違いして伝わってしまったり・・・もちろん、言葉にして伝えても勘違いしてしまうことは多々ある。
でも、特に重要なことを決めるときは話し合いを沢山重ねたり、今回のように家の絶対に譲れない条件を紙に書き出して、話し合ってみたりとすり合わせしていくことが大事だと思う。

よく、「旦那が家の事をすべて私に任せるって言ったくせに、文句言ってくる。」とか「嫁がブツブツうるさいから、嫁に任せた。」などの言葉を耳にするが、人任せにして、結果納得いかず、人のせいにするのはおかしいと思う。
自分も長くずっと、もしくは一生住む家なのだから、住む人が責任を持って家を建てた方がいい。
私の両親は、話し合いが上手くいかず、新しい家に住んで、何年も経っているのに、お互いが相手のせいにして、家の文句を言っている。そんな話聞きたくないし、せっかく建てたい家なのになんだか、切ない。
こんな思いしないためにも、今が大変でも将来はハッピーになるように沢山話し合いをしてみてくださいね。
関連記事 100軒以上の建売住宅内覧開始!『家を探す』優先順位は決まった


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。