『賃貸』と『持ち家』どっち?比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



『賃貸』と『持ち家』どっちがお得?

スポンサードリンク


473-illustration-realestate.png物件の内容次第なので、正直、比較出来ません。その為、自分のライフスタイルに応じて、選択しよう!!
我が家は、子供の足音騒音問題がエスカレートし、やれる防音対策はやり尽くした。もうこれ以上マンションに】住み続けながら、出来ることはない。ついに、引っ越すことを考え出した。
ただ、突然すぎて、お金がスッカラカン。全くお金が貯まっていなかった。ん~、無謀だが引越すことしか頭にない。貯金ゼロ?お金がない・家を買えるの?親猛反対!初期費用はいくら?

『賃貸』の【メリット】【デメリット】


【メリット】
①「修繕積立金」…新築時から住民によって積み立てられたお金
   ⇓
 マンションの老朽化の為に使用
   ⇓
 住んでいて、どこか壊れた場合の修繕費用は、基本はマンションの管理会社から支払われる。
(老朽化などは対象だが、自分で壊した場合は自己責任あり)
②ライフスタイルや家族構成に応じて臨機応変に住み場所や間取りを変更できる。
(転勤がある人は『賃貸』の方が良いかも?)
【デメリット】
①家賃を払い続けても、自分の資産にはならない!!
②老後家賃を払っていけるかわからない。

スポンサードリンク



『持ち家』の【メリット】【デメリット】


【メリット】
①将来自己資産になる為、子供達にも相続出来る!!
②同じ物件に住むなら、賃貸より住宅ローンの毎月の支払いの方が安い
③住宅ローンの支払いが完了すれば、老後の支払いの必要はなく、安心
④万が一住宅ローンの支払者が亡くなってしまった場合、支払いを免除される
(住宅ローンを借りる時に、団体信用生命保険に加入していれば、住宅ローン支払い者が死亡してしまった場合、支払い能力がなくなり、保険で全額支払われます。)
【団体信用生命保険】って何?『住宅ローン』を組む時に必要?
⑤マイホームを手に入れた安心感と開放感がある
【デメリット】
①将来、職がなくなっても住宅ローンの支払いは続く
②転勤などになった場合、引越さなくてはいけない
③単身赴任などになった場合、家族と離れ離れになってしまうかもしれない
④地震などで崩壊した場合、住宅ローンと立て直しなどで二重のローンの可能性あり
住宅ローンの見直しはモゲチェック・プラザ
⑤修繕費用はすべて自己負担戸建のメンテナンスなら【イエコマ】

まとめ


一概に『賃貸』がおすすめ!!『持ち家』でしょ!!なんてことは、言えない。各々の家庭により仕事や子供の年齢(幼い時は引越がしやすい)などいろんな問題がある。自分たちのライフスタイルを考え、自分たちにとってベストは住み方を選んで欲しいです。
関連記事
『持ち家』を買う前の注意点【住宅ローン・修繕維持費】の重要性
【一戸建て】VS【マンション】どっち?徹底比較『夢のマイホーム』
【3000万円台の夢のマイホーム】『一戸建て』VS『マンション』どっち?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。