【団体信用生命保険】って何?『住宅ローン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



団体信用生命保険(団信)って必要なの?

スポンサードリンク


17343.jpg

団体信用生命保険(団信)って何?



【住宅ローン返済途中で契約者が住宅ローンを支払うことが出来なくなった時】

①亡くなってしまった
②高度障害になってしまった
このような時、本人に代わって、生命保険会社が残りの『住宅ローン』を全額支払うこと
団体信用生命保険(団信)に万が一入っていないと
契約者が『住宅ローン』を支払うことが出来ないので、代わりに残された家族が『住宅ローン』の返済をしなくてはいけない。
民間の金融機関の多くは団体信用生命保険(団信)に加入することを条件としている!!

団体信用生命保険(団信)に加入できない場合があるの?ワイド団信って何?


実は、健康状態に問題があり、団体信用生命保険(団信)に加入できない場合があります。その場合は、民間の金融機関に相談してみましょう!!
*生命保険の為、健康状態が問われます。
【ワイド団信について】
・「ワイド団信」を取り扱っている民間の金融機関は少ないです
・生命保険の引受け基準が拡大された「ワイド団信」加入できる場合がある。
・金利が通常の団体信用生命保険(団信)よりも割高になる可能性がある。
・まずは、団体信用生命保険(団信)で審査、健康状態の問題で加入できない場合【ワイド団信】を検討する。(虚偽の告知は保険金がおりずに、遺族が大変な思いをするので、やめましょう。)

スポンサードリンク


主人の母に【3000万円台】で『家を買う』ことを腹を割って話す


『家を買う』ことをお義母さんにはなさなくてはな~~~~
ハ~~~~
憂鬱だな~~~~
サッサと嫌なことは終わらせよう。
早速、お義理母さんに電話☎をすることにした。(主人の父は他界している。)
  「もしもし、○○○○。」
   「お義母さんは、私達が『家を買う』ことをどう思っていますか?」
義母 「今住んでいる家をあなた達に将来あげようと思っていた。」(このマンションには、義母と義姉が4LDKに住んでいる。)
   「このマンションなら、お義父さんが他界しちゃったから、「団体信用生命保険」が適用されて
【住宅ローン】の支払い義務はなって、完済してるから、住宅ローンの支払いは残ってないし…」
   「新しく家を買うとなると、あなた達はこれから【住宅ローン】を支払っていかなくては、いけないし・・・」
   「お義父さんに相談ができないから、どうしていいのかわからない。」
   「でも、もう大人で子供の親だから、二人で決めることだとは思う。」
この後も話し合いは続き・・・
・【子供の足音の・騒音問題】がエスカレートし、収拾がつかず、「ストレス」がマックス!!
マンション苦情‼︎子供の足音・騒音問題エスカレート【ストレス】
・『賃貸』よりも『持ち家』の方が将来自分たちの資産になり、子供に残してあげられること
『賃貸』と『持ち家』どっち?【メリット】・【デメリット】の比較
・「親から出された3つの条件」
 ①身の丈で家を買うこと
 ②一切援助はしないこと
 ③地盤の強い所を探すこと
『家を買う』為の親から出された3つの購入条件【地盤が強い】
・ファイナンシャルプランナーに「ライフプラン」を作成してもらい、【3000万円台】で家を買うことなど、熱い思いを伝えた。FP=ファイナンシャルプランナーって何?お金の専門家・プロ?

この日は、一旦終了。
後日、主人と義母が話し合いをし、なんとか理解してくれた。
両方の親が、100%納得したわけではないが、少しずつ理解を
示し、この日からアドバイスをしてくれるようになった。
時には、沢山泣き叫んで、喧嘩して、悩んだが、人生の先輩として
この時アドバイスしてくれたことで良い家に出会えたことをとても感謝している。
お父さん、お母さん、お義母さん本当にありがとう。

まとめ


一般的には金融期間は住宅ローンを組む際、契約者は団体信用生命保険(団信)に加入することにはなっているが、万が一、金融機関から団体信用生命保険(団信)に加入の話がなかった場合は、自分から確認し、可能なら、団体信用生命保険(団信)に加入しましょう。家族の身を守るために、必須の生命保険です!!
関連記事
住宅ローンは転職する前に組もう・住宅ローン減税制度を利用しよう!
【土地】購入後【注文住宅】を建てる時の『住宅ローン』の仕組み
『住宅ローン』頭金は【土地】【建物】どっちに入れるのが得??
【住宅ローン控除】って何?『住宅ローン』賢く利用しよう!
住宅ローン固定金利?変動金利?って何?結局はどっちがいいの?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。