【建築条件付き土地】とは?自由設計可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



【建築条件付き土地】って何?すべてをココで解決!!

スポンサードリンク


a1180_003903.jpg

わーい、この土地気に入った!!と思ったけどちょっと待てよ!!
【建築条件付き土地】って記載されてるけど、何じゃこりゃ???

【建築条件付き土地】って何?


不動産会社に確認してみると・・・
【建築条件付き土地】=契約をして、決まった期間内に、指定されている建築業者(ハウスメーカーや工務店)で家を建てること
その為、既に決まった「ハウスメーカー」や「工務店」がある場合はその土地で家を建てることは不可能。
全てを自分たちの希望通りに建てることが出来る【注文住宅】とは違う!!ある程度の設計は決まっており、そこに、買主の希望を+(プラス)していく。(どちらかというと、【建売住宅】に近い)
【建売住宅】=すでに建てられた住宅を購入

【建築条件付き土地】=土地を先に購入し、一定期間内に、指定されている建築業者で家を建てる
・ある程度は設計が決まっているが、予算を上げれば、グレードアップは可能!!二世帯住宅や平家などの希望も可能。
・【土地】だけの販売価格よりも安く購入することが出来るので、指定されている建築業者が気に入った場合はお買い得!!
・不動産会社などが土地をまとめて購入し、指定した建築業社で家を建てるので、一般的には格安で購入することが出来る。

【建築条件付き土地】の注意点


ある日、車で出掛けていると
【建築条件付き土地】(建築業者が土地を買い取り、多棟売りをしていた。)を見つけた。
その一角は、すべて同じ「工務店」で建てられていて統一感があり、おしゃれでとても素敵だった。
気になったので、フラッと車を停めて、一軒ずつ家を見にいった。
午後だったので、小さなお子さんを連れたご家族が沢山いて、敷地内の公園で遊ばせていた。
ココに住みたい!!と心が揺れ動き出したそこで、住んでいる人達に声を掛けて、家を建てる上での注意点などを聞いてみた。

【建築条件付き土地】メリット・デメリット

スポンサードリンク


a1180_014457.jpg

【メリット】
・建物について参考プランが用意されていることがほとんどなので、どんな建物が建てられるかイメージが湧きやすい
・資金計画が立てやすい
・注文住宅よりも段取りが良く、早く建物が完成する
【デメリット】
・打ち合わせ回数が少なく、無理やり終わらせようとするので、粘って、納得いくまで交渉した方がいいい!!(これは、建築業者によって違うと思うが、こういう場合は、納得できるまで粘ろう!!)
・土地の契約をしてから、決まっている建築業者との間で建築工事請負契約を締結することが条件の為、期日(3か月以内が多い)までに、契約が成立しない場合、土地に契約が白紙になったり、土地の手付金が全額返金されたりする。①はこういった短い期間で契約を交わさなくてはいけない理由から打ち合わせ回数が少なくなったりすることがある。
・建物についての参考プランがあり、多少の変更のみ可能という場合があり、大幅に変更が出来ない。
優良業者選びはコチラハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

【建築条件付き土地】の多棟売りの住み心地や近所の交友関係などは?


建築業者によって内容は違うが、私達が気になった【建築条件付き土地】の多棟売りに住んでいる人に疑問を直接聞いてみた。
・新しく開拓された場所なので、同世代のファミリー層が多く親しみやすく、住みやすい(多棟売りの場合、同じ時期に引っ越してくる方が多いので、一気に親しくなりやすい。)
・ほとんど設計が決まっているので、あまり自由はきかなかったが、外観は自由度が高く、個性を出すことが出来た。
・失敗したことは、西日が強すぎて、西に和室を作ってしまったので、畳が日焼けをしてしまって、困っている。
話を聞いていると、あまりにも素敵な家ばかりだったので、業者に会ったその日に思わず契約をするところだっ・・・私達は結局は契約を交わさなかったが、条件が合う人にとっては、【建築条件付き土地】は魅力的である。
関連記事 【建築条件付き土地】を契約する?土壇場で一旦保留・取り消し

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。