土地購入後注文住宅を建てる時の『住宅ローン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



*『住宅ローン』について*

【土地】を先に購入して、その後【注文住宅】を建てるときは『住宅ローン』ってどうなるの???

スポンサードリンク


17058.jpg

一つ解決すると、次々と疑問が・・・
なんでも、わからないことだらけ?世の中自分の知らないことって沢山あるんだな~~~と思ってしまう。

【住宅ローン】の組み方:基本は2パターン


現金で支払う人は読み飛ばしてくださいね

①【土地】と【建物】を別々のローンで組む(2つのローンを組む)


*【土地】のローンは組めたのに、【建物】の『住宅ローン』が組めないことが稀にある
『土地先行融資』を実行する!!
【建物】=住宅を【土地】購入後建てることが決まっている場合、建築業者に住宅の見積もりを出してもらい、金融機関(『住宅ローン』を組む銀行など)に【土地】と【建物】の事前審査をしてもらう。住宅ローン一括審査申込

事前審査をしてもらうことにより、金融機関がこの人(契約者)は『住宅ローン』の支払い能力があるかをチェック!!支払い能力があると判断された場合、【土地】の購入契約後『土地先行融資』(【土地】の『住宅ローン』がスタートし、その後、【建物】の『住宅ローン』がスタートする)
≪ココで注意点!!≫
・建築業者が決まっておらず、住宅プランも未定の場合、事前審査が難しい場合があり、『住宅ローン』の借り入れが難しくなるので、早めに建築業者を決定し、住宅プランを詰め、見積もりをだしてもらうことが重要!!
・事前審査で『住宅ローン』の借り入れがOKでも、【建物】の建築が大幅に遅れてしまったりなどした場合、【建物】の『住宅ローン』の融資が出来なくなる場合がある。
・【建築条件付き土地】の場合、金融機関によっては1年以内、5年以内など期間を決めて【建物】を建てる場合融資してもらえることもある。
【建築条件付き土地】とは?業者は決まってるけど自由設計可能?
【建築条件付き土地】を契約する?土壇場で一旦保留・取り消し

スポンサードリンク


②【建物】の『住宅ローン』が実行されるまで【つなぎ融資】を利用する


*【つなぎ融資】を利用できない場合あり!!
本来、『住宅ローン』とは【建物】=住宅が完成してからスタートしますが、【土地】を先に購入し、【注文住宅】を建てる場合は、【土地】の支払いや【建物】に関する費用が発生してしまいます。その為、建物】=住宅が完成するまでの間、金融機関に融資してもらえることを【つなぎ融資】と言います。
ただし、金融機関によっては【つなぎ融資】が出来ない場合や契約者に多額の負債などがあり、事前審査が通らないと【つなぎ融資】を実行してもらえない場合があるので注意が必要です。
≪ココで注意点!!≫
*【つなぎ融資】を利用する場合、高額な利息や諸費用の支払いが必要になる為、良く考えてから最終手段として利用するのがおススメです。
関連記事 
住宅ローン固定金利?変動金利?って何?結局はどっちがいいの?
『住宅ローン』頭金は【土地】【建物】どっちに入れるのが得??

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。