失敗しないための家作り・住みやすい家10カ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



【注文住宅】住みやすい家10カ条

スポンサードリンク


IMG_1606_LI.jpg
聞き込み調査以外に自分で徹底リサーチした。建売住宅を100軒以上内覧した時に感じたことや住宅展示場や友達のお家で感じたこと、それから、ネットでも徹底的に調べ尽くした。

①収納をこれでもかというぐらい沢山設置


我が家は沢山収納を作ったが、それでも足らない子供の成長と共に物が増える。
【我が家の収納】
・シューズクローク
・シューズウォークインクローゼット
・外収納
・掃除機などをしまう収納
・脱衣所棚(タオルやパジャマなどを置く棚)
・脱衣所床収納(シャンプーや洗濯洗剤などを収納)
・カウンターキッチンに棚を設置(ティッシュや本やDVDなどを収納)
・キッチンに収納
・キッチン床下収納(調味料などを収納)
・和室収納(お布団などを収納)
・子供部屋・寝室に洋服をしまうクローゼット
・寝室横にウォークインクローゼット
・トイレ2か所に壁に埋め込み式の収納

②対面式カウンターキッチン


これは、家を買う時に絶対条件にしていた。実際に住んでみて、対面式カウンターキッチンにして、本当に良かったと思う。
・子供の顔を見ながら、話すことが出来る
・料理の準備や片づけをしながら、子供の様子を伺うことが出来る
・子供が料理の準備や片づけを率先してやってくれるようになる
・準備できた料理や食べた物をすぐにカウンターに置くことが出来る
・我が家は食卓で勉強をするので、子供が勉強している姿もみることが出来る
・TVを観ながら家事が出来る

*とにかく、いいことづくめ!!絶対におすすめ!!

③風通し、日当たりを良くする


風通しや日当たりが悪い家は、湿気が溜まり、カビが生えたり、どんよりする。家も長持ちしないが、住んでいて気持ちも滅入るし、病気になりやすい。
設計時に、風通しと日当たりが良い設計を依頼すると良い。トイレやお風呂、脱衣所は出来る限り窓を設置しよう。窓がないとカビが生えたり、においがこもったりする。

④子供部屋は最初から仕切って各々部屋を用意する


大体のハウスメーカーや工務店でおすすめされるのが、子供部屋を最初は間仕切りせず、一つの広い部屋にして将来リフォームで二部屋にするといいですよ。と言われる。一見よさそうだが、将来子供が別々の部屋を使用することが決まっているのなら、将来余分なお金を掛けず、最初から予算の中に組み込んでおいた方がおすすめ。
将来、資金があるかもわからない?リフォームの工事期間中、仕事を休まなくてはいけないかもしれない?工事期間中その部屋が使用できず、不便。最初から、子供部屋を分け、一人一人の部屋に洋服のクローゼットを設置しておくと良い。(将来子供が出来た時、同性同士ならまだいいが、異性だと結局はリフォームが必要になる。)

スポンサードリンク


⑤トイレは2つ


我が家は1階と2階にトイレが1つずつある。本当は2階にはトイレを設置せず、ウォークインクローゼットを今よりも広く設置する予定だったが、工務店さんに「絶対にトイレにした方がいい。」と強く言われ、そこまでいうのなら、そうしようと渋々設置。
住んでみたら、本当にその通り。トイレは各階に1つずつあってよかった。もちろん、トイレ掃除はめんどくさいが、トイレ渋滞が解消されるし、子供が小さいうちや高齢になった時、わざわざトイレのある階に行くのは本当にめんどくさい。それに、みんながお腹が痛いときも助かる(笑)

⑥駐車場は2台以上


我が家は車1台だが、普段は子供の自転車等が溢れているので、2位台分の駐車場が確保できて本当に良かった。それから、近くに駐車場がなかったり、道路が狭い場合は人が来た時大変なので、2台確保できると家族や友達が遊びに来た時にすごく助かる。

⑦駐車場は屋根付き


我が家はカーポートを設置、大事な車や自転車、特に自転車は雨に打たれると錆びだらけになるので、駐車場に屋根があるとすごくいい!!

⑧コンセントの位置を少し高くし、場所を工夫する


コンセントの位置は気にしたことはなかったが、いつも掃除機をかける時、しゃがんでコンセントを差し込み、更に移動する時別のコンセントに差しなおしていた。それが、不便だな~と思っていたので、調べてみて、工務店屋さんの依頼している電気屋さんに相談。
その結果、わざわざしゃがんでコンセントを利用しなくてもよい、ほど良い高さに設置。更に、どの部屋の掃除も真ん中の一か所のコンセントから掃除機が使える場所にコンセントを設置。これで、コンセントにコードを差しなおしたり、延長コードを利用する必要がなくなった。すごく楽チン♪

⑨玄関は日が差し込みタイプがいい


これは、工務店からおすすめされ、導入した。当時は、あまり深く考えず、おしゃれだからという理由で設置。住んでから感じたのは、優しい日がふんわりと入り込み、家の中が温かい雰囲気に包まれる。
家を買った友達が遊びに来た時に、「あ、うちも日差しが差し込むタイプにすればよかった~~、家が暗いもん。」と言っていたのも鮮明に記憶に残っている。

⑩勝手口あり


玄関から買ってきた買い物袋を運ぶより、キッチンの横にある勝手口から運んだ方がスムーズ

まとめ 


とにかく、ストレスが少なく、快適に住めることに徹底的にこだわった。以前住んでいたマンションは収納が少なく、子供が物を引っ張り出しては、ぐちゃぐちゃにし、それを片付ける。その繰り返し、それが本当に大変。少し大きくなってからも、おもちゃなどが大量。やっぱり、収納が沢山あると助かる。
生活をする上で、家に長い時間要る人(主婦)目線で、家づくりをするととてもいいですよ~~~
住宅の資料請求はコチラハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

関連記事
住みやすい家・快適なマイホーム【口コミランキング1位から7位】
【注文住宅】住みやすい家の間取り打ち合わせスタート

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。