後悔しない家造り理想の家のスクラップノート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



初めての家造りは理想の家をイメージすることから始める

スポンサードリンク


IMG_1862_LI.jpg

理想の家を妄想する


初めて家を建てる場合、何から手を付けていいのかチンプンカンプン???そんな時は、自分の住みたい家、理想の家をイメージすることから始めてみるのがおすすめ!!
とは言っても、漠然としか最初は思いつかないかも?それでもいいんですよ。まずは、妄想して、1人でニヤニヤすることから・・・
特に、寝る前に嬉しいこと楽しいこと、叶えたいことなどを妄想してから、寝ると脳みそが勝手にその妄想に向かって、現実化してくれると言われています。毎日、寝る前にニヤニヤ。

理想の家のスクラップ・ノートを作る


IMG_3089_LI.jpg*私のメモ書きです。なぶり書きで字が汚くて載せるか迷いましたが、参考までに(苦笑)
更にもっと効果的なのは、ノートなどに写真を切り取ってスクラップしたり、絵を描いたり、メモをし、毎日眺めると尚効果UP
これ、だまされたと思って、やってみてくださいね。注文住宅に限らず、何か叶えたい夢がある時は、効果大ですよ。常に習慣化されると更にいいですね(*´▽`*)

理想の家のスクラップ・ノート作りのポイント


とにかく、予算が・・・なんて考えず、自分の好きな家・理想の家を想像し、スクラップすることが大事!!予算がなくても、工夫次第で自分の理想の家に近づけることは可能!!
それから、現実的な目線・客観的な目線を持つことも大事!!理想だけではなく、実際に住みやすいかどうか?家事導線がしっかりしているか?駅から近いか?利便性はどうか?などもしっかり、リサーチして、整理整頓してメモする。
参考記事
住みやすい家・快適なマイホーム【口コミランキング1位から7位】
失敗しないための家作り・住みやすい家10カ条徹底リサーチ
【注文住宅】住みやすい家の間取り打ち合わせスタート
そして、何よりも大事なのが、その家に住んだ時の自分や家族をイメージすること。私は、ノートに理想の家と庭を描き、その家には家族がニコニコ笑顔(*´▽`*)で、犬と一緒に過ごしている絵を描いたよ。将来、ファミリーカーも欲しくて、カッコイイ車の絵も追加(笑)
その絵を眺めながら、毎日ニヤニヤ。絶対に、家族みんなで素敵な家に住むぞーーーー!!子供達が元気に走り回れる家にするぞーー!!と楽しみながら過ごした。おかげで、夢がかなった。
*当時は築30年以上の古くて、狭いマンションに住んでいた。子供の足音の騒音問題で悩み。狭いので、走り回ることも出来ない。だからこそ、子供にはのびのび過ごして欲しいと強く願っていた。
騒音問題の記事はコチラマンション苦情‼︎子供の足音・騒音問題エスカレート【ストレス】

スポンサードリンク



理想の家のスクラップ・ノート作りのメリット


ハウスメーカーや工務店の担当者と話し合いをする時、このスクラップしたノートがあるとお互いの意見のズレなどが最小限で抑えられる。
プロに任せれば、かっこよくて、素敵な家が建つと思ったら大間違い!!!!!!!こんなはずじゃなかった・・・・なんてことは多々あります。こんなことにならないためにも、見える化(目に見えて、わかりやすく伝えること)をおすすめします。
実際に話し合いをしていくと理想と現実のズレの難しさを感じる時はある。理想の家のような外壁にしたいと思っても、予算が合わない何ってことは多々あるが、それに近づけることは出来る。これは、無理でも、こういう方法や似た外壁があるからこれにしてみてはどうだろうか?などの提案をしてもらうことが可能。
これも、スクラップノートがあるからこそ、相手もわかりやすく伝えることが出来る。何度も何度も打ち合わせをするのなら、時間も質も有益に出来たらと思う。そして、人任せにしたことによって、家が建ってからこんなはずじゃなかった・・・は~~~、高いお金かけてたてたのに~~、住みにくいし、かっこわるいい~~なんてことにもならないためにもスクラップノートはとってもおすすめ!!
ハウスメーカーや工務店の担当者と話し合いだけではなく、夫婦での擦り合わせにも有効!!

まとめ


スクラップノートは、夫婦やハウスメーカーや工務店の担当者との話し合いでもとても活躍するが、何よりも自分がどんな家に住みたいのか?を明白にすることが出来、すっきりと整理整頓することが出来るとても優れた手段です。是非やってみてくださいね。忙しい人は、その時、思いついたメモ書きだけでも十分ですよ。自分だけの素敵なマイホームが手に入るといいですね。
注文住宅無料カタログ請求はコチラ気に入ったオウチのパンフレットを無料で差し上げます


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。