住みやすい家

後悔しない家造り理想の家のスクラップノート



初めての家造りは理想の家をイメージすることから始める

スポンサードリンク


IMG_1862_LI.jpg

理想の家を妄想する


初めて家を建てる場合、何から手を付けていいのかチンプンカンプン???そんな時は、自分の住みたい家、理想の家をイメージすることから始めてみるのがおすすめ!!
とは言っても、漠然としか最初は思いつかないかも?それでもいいんですよ。まずは、妄想して、1人でニヤニヤすることから・・・
特に、寝る前に嬉しいこと楽しいこと、叶えたいことなどを妄想してから、寝ると脳みそが勝手にその妄想に向かって、現実化してくれると言われています。毎日、寝る前にニヤニヤ。

理想の家のスクラップ・ノートを作る


IMG_3089_LI.jpg*私のメモ書きです。なぶり書きで字が汚くて載せるか迷いましたが、参考までに(苦笑)
更にもっと効果的なのは、ノートなどに写真を切り取ってスクラップしたり、絵を描いたり、メモをし、毎日眺めると尚効果UP
これ、だまされたと思って、やってみてくださいね。注文住宅に限らず、何か叶えたい夢がある時は、効果大ですよ。常に習慣化されると更にいいですね(*´▽`*)

理想の家のスクラップ・ノート作りのポイント


とにかく、予算が・・・なんて考えず、自分の好きな家・理想の家を想像し、スクラップすることが大事!!予算がなくても、工夫次第で自分の理想の家に近づけることは可能!!
それから、現実的な目線・客観的な目線を持つことも大事!!理想だけではなく、実際に住みやすいかどうか?家事導線がしっかりしているか?駅から近いか?利便性はどうか?などもしっかり、リサーチして、整理整頓してメモする。
参考記事
住みやすい家・快適なマイホーム【口コミランキング1位から7位】
失敗しないための家作り・住みやすい家10カ条徹底リサーチ
【注文住宅】住みやすい家の間取り打ち合わせスタート
そして、何よりも大事なのが、その家に住んだ時の自分や家族をイメージすること。私は、ノートに理想の家と庭を描き、その家には家族がニコニコ笑顔(*´▽`*)で、犬と一緒に過ごしている絵を描いたよ。将来、ファミリーカーも欲しくて、カッコイイ車の絵も追加(笑)
その絵を眺めながら、毎日ニヤニヤ。絶対に、家族みんなで素敵な家に住むぞーーーー!!子供達が元気に走り回れる家にするぞーー!!と楽しみながら過ごした。おかげで、夢がかなった。
*当時は築30年以上の古くて、狭いマンションに住んでいた。子供の足音の騒音問題で悩み。狭いので、走り回ることも出来ない。だからこそ、子供にはのびのび過ごして欲しいと強く願っていた。
騒音問題の記事はコチラマンション苦情‼︎子供の足音・騒音問題エスカレート【ストレス】

スポンサードリンク



理想の家のスクラップ・ノート作りのメリット


ハウスメーカーや工務店の担当者と話し合いをする時、このスクラップしたノートがあるとお互いの意見のズレなどが最小限で抑えられる。
プロに任せれば、かっこよくて、素敵な家が建つと思ったら大間違い!!!!!!!こんなはずじゃなかった・・・・なんてことは多々あります。こんなことにならないためにも、見える化(目に見えて、わかりやすく伝えること)をおすすめします。
実際に話し合いをしていくと理想と現実のズレの難しさを感じる時はある。理想の家のような外壁にしたいと思っても、予算が合わない何ってことは多々あるが、それに近づけることは出来る。これは、無理でも、こういう方法や似た外壁があるからこれにしてみてはどうだろうか?などの提案をしてもらうことが可能。
これも、スクラップノートがあるからこそ、相手もわかりやすく伝えることが出来る。何度も何度も打ち合わせをするのなら、時間も質も有益に出来たらと思う。そして、人任せにしたことによって、家が建ってからこんなはずじゃなかった・・・は~~~、高いお金かけてたてたのに~~、住みにくいし、かっこわるいい~~なんてことにもならないためにもスクラップノートはとってもおすすめ!!
ハウスメーカーや工務店の担当者と話し合いだけではなく、夫婦での擦り合わせにも有効!!

まとめ


スクラップノートは、夫婦やハウスメーカーや工務店の担当者との話し合いでもとても活躍するが、何よりも自分がどんな家に住みたいのか?を明白にすることが出来、すっきりと整理整頓することが出来るとても優れた手段です。是非やってみてくださいね。忙しい人は、その時、思いついたメモ書きだけでも十分ですよ。自分だけの素敵なマイホームが手に入るといいですね。
注文住宅無料カタログ請求はコチラ気に入ったオウチのパンフレットを無料で差し上げます


スポンサードリンク


【注文住宅】住みやすい家の間取り打ち合わせ



【注文住宅】間取り打ち合わせ

スポンサードリンク


IMG_1607_LI.jpg

我が家の【注文住宅の希望】


①2階建て
②庭付き
③駐車場2台
④4LDK
⑤【一階】
・対面カウンターキッチン、リビングダイニング20畳以上
・和室6畳以上
 
 【二階】
・子供部屋2つ6畳以上
・寝室6畳以上
⑥水回りをまとめる
⑦とにかく収納を沢山
   
この条件+住みやすい家の条件を伝えた。
住みやすい家の条件の記事はコチラ
住みやすい家・快適なマイホーム【口コミランキング1位から7位】
失敗しないための家作り・住みやすい家10カ条徹底リサーチ

スポンサードリンク


何度も打ち合わせを繰り返し、擦り合わせ


工務店さんはやっぱりプロ!!基本的な住みやすい家を理解している。でも、施主が勉強不足だと「わ~、素敵これでいいです。」とココで終わってしまう。
本当に快適に住むためには、施主も勉強した方が良い。ただし、独りよがりではなく、経験者にアドバイスをしてもらうと良い
私達は、この工務店さんに出会うまでに別の業者にも相談にのってもらい、間取りのプランを出してもらっていたので、なんとなくこれがあるといいんだな~とかこういうパターンもあるな~など頭の片隅に残っていた。それから、自分の母親から「間取りのプランが出来たら、家に送って」と言われていたので、その都度、郵送していた。母の手元に届くと、母が目を通してから、気になる箇所をアドバイス!!何度も喧嘩した(笑)今となっては、快適なマイホームを手に入れることが出来たので、感謝している。

まとめ


以前建築条件付き【土地】を購入しようと思った時の、工務店さんは最悪だった。打ち合わせ回数は数回で切り上げたり、自分たちの希望があまり通らない。とそこで家を建てた人たちが口々に言っていた。
その時の記事はコチラ
【建築条件付き土地】とは?業者は決まってるけど自由設計可能?
【建築条件付き土地】を契約する?土壇場で一旦保留・取り消し
色んなハウスメーカーや工務店がある。必ずしも、いい所、いい営業の方にあたるとは限らないが、絶対に快適で住みやすい家にすむぞ~!!せっかく、高いお金を出して、住むんだから、納得のいく家にするぞ~!!思うのなら、めげずに、話し合いを重ねることをおすすめします。
幸い、私達が依頼した工務店さんは外見も内面も最高に素敵な優しい人だった。時には、言いづらいこともあるが、そういうことは主人にお願いして、伝えてもらったりと役割分担して、なんとか円満に話を進めることが出来た。

スポンサードリンク


失敗しないための家作り・住みやすい家10カ条



【注文住宅】住みやすい家10カ条

スポンサードリンク


IMG_1606_LI.jpg
聞き込み調査以外に自分で徹底リサーチした。建売住宅を100軒以上内覧した時に感じたことや住宅展示場や友達のお家で感じたこと、それから、ネットでも徹底的に調べ尽くした。

①収納をこれでもかというぐらい沢山設置


我が家は沢山収納を作ったが、それでも足らない子供の成長と共に物が増える。
【我が家の収納】
・シューズクローク
・シューズウォークインクローゼット
・外収納
・掃除機などをしまう収納
・脱衣所棚(タオルやパジャマなどを置く棚)
・脱衣所床収納(シャンプーや洗濯洗剤などを収納)
・カウンターキッチンに棚を設置(ティッシュや本やDVDなどを収納)
・キッチンに収納
・キッチン床下収納(調味料などを収納)
・和室収納(お布団などを収納)
・子供部屋・寝室に洋服をしまうクローゼット
・寝室横にウォークインクローゼット
・トイレ2か所に壁に埋め込み式の収納

②対面式カウンターキッチン


これは、家を買う時に絶対条件にしていた。実際に住んでみて、対面式カウンターキッチンにして、本当に良かったと思う。
・子供の顔を見ながら、話すことが出来る
・料理の準備や片づけをしながら、子供の様子を伺うことが出来る
・子供が料理の準備や片づけを率先してやってくれるようになる
・準備できた料理や食べた物をすぐにカウンターに置くことが出来る
・我が家は食卓で勉強をするので、子供が勉強している姿もみることが出来る
・TVを観ながら家事が出来る

*とにかく、いいことづくめ!!絶対におすすめ!!

③風通し、日当たりを良くする


風通しや日当たりが悪い家は、湿気が溜まり、カビが生えたり、どんよりする。家も長持ちしないが、住んでいて気持ちも滅入るし、病気になりやすい。
設計時に、風通しと日当たりが良い設計を依頼すると良い。トイレやお風呂、脱衣所は出来る限り窓を設置しよう。窓がないとカビが生えたり、においがこもったりする。

④子供部屋は最初から仕切って各々部屋を用意する


大体のハウスメーカーや工務店でおすすめされるのが、子供部屋を最初は間仕切りせず、一つの広い部屋にして将来リフォームで二部屋にするといいですよ。と言われる。一見よさそうだが、将来子供が別々の部屋を使用することが決まっているのなら、将来余分なお金を掛けず、最初から予算の中に組み込んでおいた方がおすすめ。
将来、資金があるかもわからない?リフォームの工事期間中、仕事を休まなくてはいけないかもしれない?工事期間中その部屋が使用できず、不便。最初から、子供部屋を分け、一人一人の部屋に洋服のクローゼットを設置しておくと良い。(将来子供が出来た時、同性同士ならまだいいが、異性だと結局はリフォームが必要になる。)

スポンサードリンク


⑤トイレは2つ


我が家は1階と2階にトイレが1つずつある。本当は2階にはトイレを設置せず、ウォークインクローゼットを今よりも広く設置する予定だったが、工務店さんに「絶対にトイレにした方がいい。」と強く言われ、そこまでいうのなら、そうしようと渋々設置。
住んでみたら、本当にその通り。トイレは各階に1つずつあってよかった。もちろん、トイレ掃除はめんどくさいが、トイレ渋滞が解消されるし、子供が小さいうちや高齢になった時、わざわざトイレのある階に行くのは本当にめんどくさい。それに、みんながお腹が痛いときも助かる(笑)

⑥駐車場は2台以上


我が家は車1台だが、普段は子供の自転車等が溢れているので、2位台分の駐車場が確保できて本当に良かった。それから、近くに駐車場がなかったり、道路が狭い場合は人が来た時大変なので、2台確保できると家族や友達が遊びに来た時にすごく助かる。

⑦駐車場は屋根付き


我が家はカーポートを設置、大事な車や自転車、特に自転車は雨に打たれると錆びだらけになるので、駐車場に屋根があるとすごくいい!!

⑧コンセントの位置を少し高くし、場所を工夫する


コンセントの位置は気にしたことはなかったが、いつも掃除機をかける時、しゃがんでコンセントを差し込み、更に移動する時別のコンセントに差しなおしていた。それが、不便だな~と思っていたので、調べてみて、工務店屋さんの依頼している電気屋さんに相談。
その結果、わざわざしゃがんでコンセントを利用しなくてもよい、ほど良い高さに設置。更に、どの部屋の掃除も真ん中の一か所のコンセントから掃除機が使える場所にコンセントを設置。これで、コンセントにコードを差しなおしたり、延長コードを利用する必要がなくなった。すごく楽チン♪

⑨玄関は日が差し込みタイプがいい


これは、工務店からおすすめされ、導入した。当時は、あまり深く考えず、おしゃれだからという理由で設置。住んでから感じたのは、優しい日がふんわりと入り込み、家の中が温かい雰囲気に包まれる。
家を買った友達が遊びに来た時に、「あ、うちも日差しが差し込むタイプにすればよかった~~、家が暗いもん。」と言っていたのも鮮明に記憶に残っている。

⑩勝手口あり


玄関から買ってきた買い物袋を運ぶより、キッチンの横にある勝手口から運んだ方がスムーズ

まとめ 


とにかく、ストレスが少なく、快適に住めることに徹底的にこだわった。以前住んでいたマンションは収納が少なく、子供が物を引っ張り出しては、ぐちゃぐちゃにし、それを片付ける。その繰り返し、それが本当に大変。少し大きくなってからも、おもちゃなどが大量。やっぱり、収納が沢山あると助かる。
生活をする上で、家に長い時間要る人(主婦)目線で、家づくりをするととてもいいですよ~~~
住宅の資料請求はコチラハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

関連記事
住みやすい家・快適なマイホーム【口コミランキング1位から7位】
【注文住宅】住みやすい家の間取り打ち合わせスタート

スポンサードリンク


住みやすい家人気ランキング1位~7位



【注文住宅】住みやすい家とは?快適な家とは?

スポンサードリンク


IMG_1480_LI.jpg
【夢の注文住宅・マイホーム】
せっかく建てるなら、あーしたいな~、こーしたいな~~、夢は膨らむばかり。でも、予算が限られてる。建物だけで、約2,300万円(この中には、仲介手数料や登記代や水道の水を引く工事代、火災保険代、それから地盤改良の調査費用など込々でこの値段)純粋に建物だけに充てられるお金はもっと少ない。
でも、妥協はしたくない。やるなら徹底してやってやる~~~!!!私は、逆境にも立ち向かうタイプ。できないなら、どうする?どうやる?そうやって生き抜いてきたから、染みついちゃった。ということで、早速、住みやすい家のリサーチ開始。

スポンサードリンク


住みやすい家・快適なマイホーム【口コミランキング1位から7位】


【ランキング1位から7位】
【1位】家事導線をまとめる
【2位】水回りをまとめる
*【1位】と【2位】に関しては、絶対条件だと思う。主婦はご飯を作りながら、洗濯をしたり、お風呂を洗ったり、全てを両立する。水回りがバラバラだととっても大変。
【例】一階でお洗濯をして、二階で洗濯物を干す(キッチンは二階)
料理を作りながら、洗濯物を一階まで取りに行き、二階で干して、洗濯カゴを一階に置きに行き、二回目のお洗濯をして、また洗濯物を一階まで取りに行き、二階で干す。家族が増えると洗濯回数は増えるし、毎日お洗濯。これだけでも、無駄な動きが盛り沢山。特に、共働きで、育児に家事となると尚更大変。
【3位】水回りは一階にまとめる
二階は日差しも良く、風も通るので、家族が集まる場所として快適だが、スーパーの買い物袋を毎回二階まで運ぶのは本当に大変。
【4位】階段は出来るだけ、少なくする
以前、エントランスまで階段があるマンションに住んでいた。両手にベビーカー、スーパーの袋、背中にリュック、赤ちゃんを抱っこ、片手に子供。本当にしんどくて、死にそうだった。
それから、高齢の両親が重い荷物をしんどそうに持って、急な階段を上って、家に入るのを見ているとしみじみ階段は少ない方がいいなと痛感した。若い頃や独身時代は感じなかった大変さを痛感して、出来るだけ、階段がない家に住みたいと切に思った。
【5位】高台の上の家はNG
【4位】の階段は出来るだけ、少なくする とほとんど理由は同じだが、それだけではなく、すごく大変だな~、危ないな~と感じることがある。
以前、高台の上に住んでいる人の家の前を通った時、その日は大雪で、凍結している上に沢山雪が積もっていた。そんな日に、大荷物を抱えながら、恐る恐る高台の上にある自宅の上から階段を下りてくる御年輩のおばあちゃんがいた。見ているだけで、恐ろしい。
当時、私には赤ちゃんと幼い子供がいたので、二人を抱えながら、この急な階段を下りてくると思うと恐ろしすぎてゾッとした。それに、怪我をしたり、高齢で身体が不自由になった時もしかしたら、せっかく購入した自分の家を手放さなくてはいけなくなるかもしれない。
【6位】家は出来れば、3階建てよりも2階建て
職場の方が以前3階建てに住んでいたが、子供が巣立ち、結局は部屋が余ってしまったのと歳をとって、3階まで上がるのがしんどくなり、駅近のマンションへお引越ししたそうです・・・
【7位】バリアフリー
高齢になるとほんの少しの段差でさえ、躓いて怪我を負ってしまう。実際に、主人のひいおじいちゃんが段差で躓いて、1人暮らしだったが、1人暮らしをするのが難しくなってしまった。
長年住む家の為、我が家は最初から段差がほとんどない家を依頼。赤ちゃんもいるので、とっても安心して生活をすることが出来る。

まとめ


注文住宅・住みやすい家【口コミランキング1位から7位】からもわかるように、毎日の生活で欠かせない水回りの導線と階段などの上り下りの段差をいかに楽にするかが重要だということがわかった。

そして、家というのは、その時その時の環境で使いやすさが変わる。家を購入するころは、まだ若く夢がいっぱいおしゃれで、かっこよくて、素敵な家づくりに目が行きがちだが、長く住むこと、子供と過ごす時間、その後、子供が巣立ち、夫婦二人で過ごす時間。その時の事は、考え、少しでもリフォームせずに、無駄を少なくし、快適な生活を送ることが出来る家づくりをすることをおすすめします。
優良業者選びはコチラハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

関連記事
失敗しないための家作り・住みやすい家10カ条徹底リサーチ
【注文住宅】住みやすい家の間取り打ち合わせスタート

スポンサードリンク